トップ / 矯正をするにあたって

矯正をするにあたって

矯正をする際の注意

矯正の痛みの種類とは

矯正をすると痛みが発生します。痛みの種類として、何もしていないのに痛い場合は、歯を動かすため、装置を付けてから1週間をピークに痛みが落ち着いてくることになります。痛みには個人差があり、装置の種類によっても痛む感覚は違います。通常2週間を過ぎたあたりから痛みがなくなり食事が普通にすることができるようになります。装置が当たって痛い場合があります。ブラケットという装置がほっぺたに当たります。当たりが強い場所は口内炎になってしまうことがあります。矯正には痛みがつき物ですが、痛みを緩和させる対策もあります。

エステ,花嫁

矯正歯科に行って歯並びを治す

歯のがたがたや八重歯など、歯並びの悩みがあるという場合には矯正歯科に相談に行くことをおすすめします。一般の歯科よりも専門的に治療をしてもらえますので安心です。無料カウンセリングを行っているという病院も多いですので一度相談してみると良いでしょう。矯正歯科では今の歯並びの状態やこれからの治療方針、治療費について詳しく教えてもらえます。治療を検討するときには痛みなどのデメリットもふまえてしっかりと考えることが大切です。

↑PAGE TOP