トップ / インプラントの安全性

インプラントの安全性

インプラントの治療法

入れ歯よりもインプラントをお勧め

80歳まで20本の歯というのが歯科医が示している目標の一つですが、それを実現するのはなかなか難しいものです。虫歯や歯周病のために自分の歯を抜かざるを得なくなった場合、最終的には入れ歯という選択肢になると思います。しかし医療技術の進歩によってインプラントという選択肢も十分選択可能になってきました。人工歯根を顎の骨に埋め込むことによって入れ歯とは比べ物にならないほどの強度を実現できます。毎日歯磨きのために取り外したり、消毒したりする手間がなく、何よりも不快な装着感にインプラントなら悩まされずに済みます。

エステ,花嫁

歯を失ったらインプラント

歯を失ったらインプラントという治療法があります。何らかの理由で歯を失ってしまったときには入れ歯などが必要になります。入れ歯やブリッジなどの場合には、顎の骨と繋がっているわけではないので不都合もでてきます。しかし、インプラントの場合には、歯茎の内部にある顎の骨に人工の歯根を埋め込んで治療をします。人工歯根のうえに人工の歯を取り付けるため、噛み心地や見た目の状態など、自分の歯と同じようにすることができます。

↑PAGE TOP